音と癒しと自分らしさ

<ヒーリングスペース音楽の館・別館>  

深く知る

今日も訪問いただき、ありがとうございます。

 

今日は、トリニティのコラムを書いていました。

 

今年を漢字一文字、もしくは言葉で表すとしたら何になりますか?

私は「忍」かなと思います。

忍の字は、心に刃が突き刺さっています。

「自分の感情を抑えてこらえる。我慢する。」という意味があります。

「忍」という字をよく見てみると、「心」に「刃」が刺さっているではないか。痛いはずだが、刺されている心は安定していて、まったく動じない様子。痛さを我慢するという「忍耐」ではなく、痛ささえも感じない、心が動揺しないことこそ、本当の「忍」の境地であり、古人がこの字で私たちに伝えたかったことかもしれない。

「心が動じない」という「忍」 - (大紀元)より引用しました。

 

今年の私は、相方や子どもたちに刺されっぱなしで全然安定などしていませんが、来年はこの引用のような精神でいたいと思っています。

 

コラムにはツインレイのことを書いていたのですが、近藤みずほさんのブログを読んでいると、ツインレイとして生きるには、仙人のような心を持つことを強いられるんだなと感じました。

 

相手に対するエゴや嫉妬、不安などのマイナス思考を全て手放しなさいとあります。

それが「無条件の愛」となる。

この俗世界の中で聖人になるなんて、煩悩が多すぎます。

まだまだ修行が足りません。

 

女神さま、

私をあなたの弟子にして頂けませんか?

 

今日の一枚(ウィズダムオラクルカード)

f:id:tomoko-soprano0511:20171230002607p:image

深く知る

 直感、内なるオラクルの声を聞く。

それは、考えるという意識を超えて、直感のもっと深いところにある声に耳を傾けるということです。

 

願いは叶う