読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音と癒しと自分らしさ

ソウルメイトのことを中心に綴ってます

傍に居られる幸せ (追記あり)

ツインソウル 願いは叶う 青山繫晴さん 青山千春さん 自分の幸せ

本番の興奮冷めやらぬ土曜深夜です。

 

本番当日は、

ヘアセットして頂き、メイクもしていただくと、

このころにはテンションmax!

大好きなメイクスタッフさんと、女子会のような盛り上がりでした。

 

本番後、

ピアニストさんと祝杯を上げ、

美味しいお酒と、おいしい焼き物を頂いて帰路へ着いたのですが、

飲んでいたので、車の運転が出来ないことに気が付き、

その足で、相方に逢いに行きました。

 

眠そうに仕事をしていました。

最近のメールには、昨日が本番だとは、はっきり書いておらず、

「どこへ行ってきたの?」と質問される有様でした。

 

でも、

こうやって傍に居られる幸せを、

しみじみ感じていました。

 

不純物を削ぎ落して、

純粋な気持ちだけが残っていく。

人生のメンターとしての役割が強いけれど、

私は、ここに居られるだけで十分幸せだと思った。

 

なんでもそうだけど、

始めなければ、事は進まない。

いくら好きでも、傍に居たくても、結婚したくても、

一歩進まなければ、何も始まらない。

手に入らないものは、極論必要ないものなんだよね。

 

3回目の冬。

いろんなことを断捨離して、

たくさん感じきって、

一歩前進した冬。

ほんの少し、チェイサーから抜け出せてるかしらね・・・

 

逢う時間も、逢える場所も、

メールの返信も、

本当に必要最小限。

でも気持ちは、最大限。

何も怖くないと言ったらうそになるけど、

でも、今があるから先に繋がる。

だから、今の一瞬を大切にしていきたい。

 

土曜日の午後、青山夫妻のサイン会がありました。

f:id:tomoko-soprano0511:20161211002508j:plain

青山繁晴さん、体調がだいぶ回復されたようで、

元気な氣が、たくさん出てたような気がしました。

千春博士は、相変わらず可愛らしい方です。

f:id:tomoko-soprano0511:20161211002856j:plain

<ここから追記です>

青山さんから頂いたメッセージ、

時間が経つにつれ、

言葉の重さを感じています。

 

「歌う朋子

日本の誇り」

 

こんなおそれ多いメッセージ、生涯で初めてです。

 

初めから青山さんに自分が歌い手だというつもりはなかった。

青山さんのラジオ番組で、

オペラアリアも流してほしいな・・・というつもりが、

自分の宣伝になってしまった。

 

何かが青山さんに降りてきたのでしょうね・・・

本当に嬉しいです。