音と癒しと自分らしさ

<ヒーリングスペース音楽の館・別館>  

ツインソウルと魂の相手

昨日は、きーちゃんとデートしてました。

沢山お話聞きました。

その中で気になったのは、

「ツインソウルでないカップル」のこと。

 

数年前から「ツインソウル」という言葉を耳にするようになり、

スピリチュアルなことに興味のある人は、

一度は聞いたことがあるワードではないかと思います。

 

物凄く惹かれる相手と出会い、サイレント期を経て再会する。

お互いにどこか似ているところがあり、

自分自身を生きることを課題とされている。

 

「ツインソウル」とは、双子の魂という意味ですよね。

一つの魂が、沢山のことを経験したいがために二つの魂に分かれた。

実際にツインソウルだというカップルは、そんなに存在しないのかもしれない。

でも、同じような状況にいるカップルが沢山いるんだなって。

 

いま宇宙は、愛のエネルギーをたくさん必要としていて、

それでツインソウルのカップルが増え始めていると。

彼らの愛のエネルギーは物凄くて、

その愛のエネルギーで宇宙を満たすという動きがあるのです。

 

でも、何故そんな辛い想いの恋愛をする人が増えているの?

再会するまでに十年以上も逢えなかったり、

とても強い繋がりで出逢っても離れなければならない、

離れればその強い想いに苦しみ、嘆き、悲しみ、

女性は自分自身を生きることを強いられ、

男性は、その愛を受け入れることを強いられる。

生活のための相手=再会する(出逢う)までの相手と、

本当に魂が必要としている相手は違うと。

 

たぶんこれからは、

魂の相手と、物理的生活のための相手がいることが当たり前になって来る、

そんな世の中になって来ると思う。

 

今までは、時代が許さなかった。

家のために、両親に決められた相手と結婚しなければならなかった、

戦で最後まで想いを全うできなかった、

自由恋愛など出来ない時代だったから、

そんな時代に生きた魂たちが自分本来の姿を求めて現世に現れ、

魂本来の相手と出会い、結ばれる。

きっとそんな時代なんだね。

 

ツインソウルであろうがなかろうがそれよりも、

魂の相手かどうかということが大切なんだよ。

その想いに振り回されて自分をなくしてしまうようでは、

きっと偽の魂の相手なんだと思う。

 

神さまにも、良い神さまと悪い神さまがいるのと同じ。

天からの声か、悪の声か、

ちゃんと聞き分けられる自分に成長できないと、

その想いは偽物だと思った方が良いのではないかな。

 

今日の一枚(ウィズダムオラクルカード)

f:id:tomoko-soprano0511:20170819024705p:plain

忠誠、誠実、献身

山あり谷あり

今日も訪問、ありがとうございます。

東京は久しぶりに雨が上がりました。

やっとワンコたちの散歩へ行くことが出来た。

 

こんな天候だからかな、やっぱり落ちてます。

自分勝手に落ちて、拗ねて、わめいて、泣いて、

セルフリーディングするも、

そんな時は、それなりのカードが出るものなんですよ。

それでまた落ちこんで(>_<)

一体私、何やっているんだろう?

 

昨日、リーディングしている最中に目に留まったブログがあって、

12/11のひとことガイダンス Easy Does It | Mahokoのデイリーひとことガイダンス

ここに出てくる言葉が印象的だった。

 

「何度も同じことを願ったり、ポジティブなイメージを繰り返し持とうとしたり・・

必死に何度も繰り返すことの背後には、恐怖心と執着があります。

心のどこかで、願いが叶わないのではないかという不安を感じているからです。

あなたが必死になればなるほど恐怖心と執着が育って、

すべての流れを滞らせてしまいます。 

願いが叶った時のような気持ちで過ごすことが、

願いを叶えるための最も早道なのです。

あなたの願いは、必ず叶います。」

 

どうしても負の感情に引っ張られてしまう。

何もしていなくても引っ張られてしまうのだから仕方ない。

でも、感じるだけ感じた後は、本音が出てくる。

「やっぱり傍に居たいよ」って。

 

一体何やっているんだろう、私。

自分の本音を引き出したかったのかもしれないね。

 

負の感情を感じることは、決して悪いことではない。

ちゃんと向き合って、苦しいけど感じきれば本音が出てくる。

だけど、メチャ苦しいよ。

これ、もう少しなんとかならないものか?

うろたえず、ただひたすら耐えるのみなのか?

 

少し模索してみよう。

 

どんなに拗ねても、根本にある思いは一つ。

「ただ、傍に居たい」だけ。

 

周囲を浄化してもう一度セルフリーディングすると、

先ほどとは全く異なる結果。

今回のケルト十字は、セルフリーディングも課題の一つなんです。

カードのことは、また違う機会に書きたいと思います。

 

ようやく少し平常心を取り戻して、

相方にメールを書きました。

きもち、届いたかな?

 

今日の一枚(グッドタロットオラクルカード)

f:id:tomoko-soprano0511:20170818001710p:plain

純粋な形での成功  様々な形での豊かさを受け入れ、成功に調和します

セルフリーディング(混合デッキ)

終戦記念日ですね。

朝から雨が降っていて、時折強く殴りつけるように降っていました。

 

今日も訪問、ありがとうございます。

昨日のアクセスが、なんと300近くまで伸びていました。

先ほど確認して驚きました。

このつたないブログを訪問いただき、本当に心から感謝申し上げます。

 

何も考えないことがかえって苦痛になる時もあるんですね。

今朝は5時前に目が覚めてしまい、

苦しくてしばらく眠れませんでした。

ライオンゲートが閉じてからというもの、

開いて居た頃よりも一段と感情の起伏が激しくて、

また振出しへ逆戻りです。

 

今まで何やってきたんだろう

安定していた時期もあったのに

急に物凄く悲しくなってしまいました。

 

そうしたらきゆみちゃんが、

「そういう時期らしい、気にするな!」

「うろたえるな!」

と喝を入れてくれました(>_<)

 

その後、カードを引いてみました。

(今の相方の心境について 混合デッキです)

 

一枚目(グッドタロットオラクルカード)

f:id:tomoko-soprano0511:20170815214133p:plain

対立 敵対意識

対立は、自分の動機と意図を理解するための良い方法です。

勝つことが大切なのではなく、誠実であることが大切なのです。

(このデッキ、絵と解説の印象が違うカードが何枚かある)

 

この絵、綱の上を仮面をつけたバレリーナがポワントで立っています。

ハトが5羽、飛び立とうとしています。

私には<対立>というより<対峙>に見えます。

 

これを見た時、血の気が引いた。

でも、少し冷静に考え、

一体誰のことを指しているのか?

必ずしも私のことではないと思ったので、

もう一枚引いてみました。

 

2枚目(パス・オブ・ザ・ソウルオラクルカード)

 

f:id:tomoko-soprano0511:20170815215909p:plain

全ての想いが集合意識の中に記録されている

ポジティブに

 

益々わからない(>_<)

今の私にとっての集合意識は、負の感情の総称です。

いろんな負の意識が、表に出てきているのかもしれません。

それをポジティブシンキングに変換している?

そのエネルギーの赤なのかもしれない。

 

いよいよわからなかったので、もう一枚引いてみました

3枚目(ウィズダムオラクルカード)

f:id:tomoko-soprano0511:20170815220302p:plain

生まれ変わる 二度目のチャンス 新しい機会

運命が驚くべき方法で実現しようとしています

 

この絵からもわかるように、溶岩の隙間から木が生えてきました。

空からは、キラキラした光がさしています。

一度は死んだと思っていたものからの復活です。

新しい生命力です

 

そういう事なんだな…って。

この生命力は、半端なく凄い。

溶岩の中から命を息吹かせるなんて、

本当にすごいと思いました。

 

4枚目

おまけで一枚引きました(逢いに行ってもいい?)

ウィズダムオラクルカード)

f:id:tomoko-soprano0511:20170815222001p:plain

だそうな(*^_^*)

 

ようやく平常に近いところまで浮上出来ました。

「うろたえるな!」から始まりましたが、

 

「必死に何度も繰り返すことの背後には、恐怖心と執着があります。

心のどこかで、願いが叶わないのではないかという不安を感じているからです。」

12/11のひとことガイダンス Easy Does It | Mahokoのデイリーひとことガイダンスより

 

「願いもイメージをすることも今は止めて、目の前のことに集中しましょう。

もし、あなたが願いが叶うことを信頼できているなら、

安心してリラックスして過ごせるはずです。」

 

まさしくその通りなのです。