音と癒しと自分らしさ

<ヒーリングスペース音楽の館・別館>  

見守ること~愛情の勘違い

ちょっと今回は、相方のこと書きますね。

f:id:tomoko-soprano0511:20171105224617j:plain


 

以前、次女と繋がっているということを書きました。

確かに繋がっていました。

そして、そのエーテルコードを切断しました。

好転反応が次々と出ています。

 

次女と相方、

本当によく似ています。

多分相方も、

母親にコントロールされて生きてきたんだなって思います。

これは、まさしく愛情の勘違いです。

 

「躾」と「コントロール」の違いって何?

 

基本的信頼感=自己肯定感と他者信頼感

これを育てることを「躾」と言うのだそうです。

 

他者信頼感がなければ、誰の言うことも聞きません。

自己肯定感がなければ、頑張る元気が出ない。

だから、自分が元気になれることしかやらなくなるのでしょうね。

 

私は、どこで失敗したのかな…

 

相方に関しては、最初から失敗ばかりでしたね・・・

危なっかしくて、手を差し伸べたくなる。

自分の足で歩ける人は、

誰も手を差し伸べようなんて思いませんからね。

 

以前、言われたことがあります。

「そんなことしてたらダメンズメーカーだよ」って。

(ダメ男製造機ってことね)

 

相方のこと、なかなか見守れなかった。

それと私は、愛情を勘違いしていました。

 

「安心感」を得るために傍にいる=愛情

これ、正解だけど、不正解です。

多分、私自身の自己信頼度が低かったから

見守ることが出来なかった。

傍にいても、

手を出さずにただ見てるだけが出来れば、

相方も苦しくなかったのかもしれません。

 

失敗したら、やり直せばいい。

 

自分がやりたいことは、自分自身に対してならOK

でも、自分でない人にやってあげたいことは、ただのエゴ。

相手にして欲しいことは、自分から伝える。

 

だから今は、何もせずにここにいるの。

鍵もね、

相方の賭けだと思うの。

「この人なら、一線を越えないだろう」って。

それを信じたいって。

 

返してほしければ、そう言ってくるだろう。

私は、ここにいるよ。

変わらずにね。

見守ることを学んでいるよ。

 

離れようとしても、傍にいてしまうのは、

磁力が働いているんだよね。

そういう関係だからこそ、

エーテルコードも繋がってしまう。

でも、それは切断し続ける。

負の感情まで、私が背負うことではないから。

 

今、私に大事なことは、

自己信頼度を上げること。

子供たちには、他者信頼度を身に着けてもらうこと。

相方は、その両方。

でも大丈夫。

きっと出来るから。

 

 

願いは叶う

凛として強く生きる

 

 お気軽にお友達追加してくださいね

友だち追加

 

 いつもクリックありがとうございます