音と癒しと自分らしさ

<ヒーリングスペース音楽の館・別館>  

一つの時代が終わりました

今日も訪問いただき、ありがとうございます。

f:id:tomoko-soprano0511:20180323224452j:image

 

次女の卒業式でした。

f:id:tomoko-soprano0511:20180323213703j:image

顔は出せないので、雰囲気だけね。

 

次女が素直に学校へ行っていたら、

どんな気持ちの卒業式だったのだろうか…

自分がそこになるべく存在しないような、そんな気持ちでしたね。

 

否定も肯定もしない。

ただ、そこにいる。

卒業式に参列してる自分がいる。

それ以上でも、それ以下でもない。

逃げてると言われたらそうかもしれない。

でも、敢えて距離を置いた卒業式でした。

 

感動でもなく、怒りでもなく、

申し訳なさでもない。

ただの通過点として、捉えてるという感じでした。

 

そんな傍で、長女の担任が退職するとのこと。

せっかく先生になって、初めて担任も持ったのに…

とても残念です。

 

いろんな人が、いろんな形でけじめをつけていますね。

 

そして…

やっぱり私にとって音は、

特別な存在だなと改めて思いました。

声を出すだけでも、涙が溢れてしまって歌えない。

その辺は相変わらずです。

 

そんなに想いが溢れている。

大好きなんだよね、音楽も。

大事な宝物なんだよね。

でも、上手く付き合えない。

相方と一緒。

 

でもね、

「何のために歌うのか」という問いに、

そろそろ答えが出そうな気がします。

 

私から発する音で、

エネルギーを感じたり、幸せを感じたり、

癒されたりって、

そんな音を出して行きたい。

 

自分のために歌うのは、

大好きな人と寄り添いたいからかなって。

今や、歌やピアノから出る音でしか交わえない気がします。

だからこそ、簡単には出来ないのかもしれない。

 

でも、

それでもやっぱりリリースしなきゃって思う。

 

理屈じゃないね。

魂の叫びだね。

 

 

今日の一枚(ウィズダムオラクルカード)

f:id:tomoko-soprano0511:20180323231227j:image

行動を起こすのに最適なタイミングです。

自信を持って進みましょう

 

願いは叶う

凛として強く生きる