音と癒しと自分らしさ

<ヒーリングスペース音楽の館・別館>  

子供たちと向き合うこと

寒い日が続いていますね。

今日も訪問いただき、ありがとうございます。

 

先週の木曜日の虎ノ門ニュースに、

評論家の金美鈴さんが出演されたことは先週書きましたが、

MCの居島一平ちゃんが金さんに

「今の日本に言いたいことは?」

との質問をしたところ、

こんな答えが返って来ました。

 

「平和ボケね」

 

単刀直入で、的を得ている回答でした。

最近、それを実感するニュースが立て続けに起きています。

 

平和であることは、とても尊いことです。

そして、

それを維持することは、とても大切なことです。

でも、忘れてはいけないのは、

私たちは自分だけで、自国だけで生きているわけではないということです。

 

そして、物はいつか壊れる。

命あるものは、いつか死を迎える。

モノや人は、

有限であって無限ではないということ。

まさに「諸行無常の世の中」です。

ヒトの心も同じです。

いい意味でも、悪い意味でも変化し続けています。

そして、全ての人が善人(良い人)ではないのです。

有名人だからと言って、

有名人のだれもが模範的な生き方をしているわけではありません。

 

f:id:tomoko-soprano0511:20180109222058j:plain

今朝、こんな記事を目にしました。

「もし、子供がいるような人と付き合うとしたら、

私(男性)よりも、子供を大事にするような人を選ぶだろう」

 

気持ちは分かります。

でもね、こんなこと天秤なんか掛けられません。

やっている本人は、

どちらも死ぬ気で向き合っているのですから。

両方大事なのです。

 

私から言わせれば、

「子供に気持ちが行くような付き合い方をしてくれ!」です。

両方大事で、用意周到に準備して、

そして逢いに行くのですから、

それを無駄にするような行為は、

子供も傷つけることになるのですよ・・・

そしてそれは、

子供の年齢にもよりますけどね。

 

お互いに、罪悪感を持っています。

罪悪感を覚悟出来ないなら、

付き合ってはいけません。

 

子供から離れない方がいいのは当たり前ですが、

子供の視点からすると、

保育園に預けられるのも一緒だということ、

自分の傍にいないことは、どんな理由であれ一緒だということ、

なのです。

これは、長女も同じ意見でした。

 

私自身、沢山子供たちと話し合ってきました。

本番もたくさんあったし、

仕事もしていたし、

本番会場でもたくさん泣かれました。

本当にたくさんの罪悪感と戦ってきました。

それでも、歌うことを止められなかった。

それが私でいることだったからです。

子供たちは、そんな私の姿を見て育ってきました。

この想いは、私と子供たちしか判らないかもしれません

そして相方とは、

それを信頼してもらえるような信頼関係を築けたらなと思います。

 

母が何かをやるということは、

並大抵の決心ではないということ。

そこには、周りの協力も当然必要だし、

罪悪感との闘いも付きまといます。

 

私は、子供たちが生まれて数か月で舞台に立っていました。

長女に至っては、産まれる2週間前まで歌っていました。

子供たちが私から離れていることは、

今日に始まったことではありません。

 

子供にとって母親は、

いろんな意味で核になる存在です。

お互いに依存にならないよう。

それでいて、いつも正面から向き合っていられる、

そんな関係でありたいと思っています。

 

詳しい話はしていませんが、

何時も娘を見てきた相方が、

この数年間何を感じてきたのか、

今の私にはわかりませんが、

きっといろんなことが、

手に取るように感じられた数年間だったと思います。

私は、言葉で示すより、

体感で感じてもらうことで分かってもらうしかない。

「それでも大丈夫なんだ」って。

 

「貴方が選んだ相手は、真っ直ぐに進んでいますよ」

選んだ自分を信じて欲しい。

私は、いろんな気持ちになるけど、

信じてるよ。

 

今日の一枚(グッドタロットオラクルカード)

f:id:tomoko-soprano0511:20180127005839j:plain

今日は2枚引いてみました。

地の4(リバース)

たとえ私に何が起こっても、天の導きが現れることを知っています。

恐れる必要はありません。

風の6

今は嵐の中でも、私自身が落ち着けば、周りも落ち着いてくるはずです。

より良いものへと変化していきます

 

願いは叶う

 

いつもクリックありがとうございます

きょうも1クリックお願い致します


こちらもよろしくお願い致します

www.el-aura.com