音と癒しと自分らしさ

<ヒーリングスペース音楽の館・別館>  

ベートーヴェンの悲愴

ひと山超え、またひと山、

今まで一杯いっぱいだった気持ちに、

少し余裕が出てきたような気がしています。

「あっ、何となくヒマだな」

と思う瞬間が出て来ました。

 

「ピアノでも弾こうかな」

弾き始めたのがベートーヴェンです。

ピアノソナタを数曲弾き始めました。

悲愴、月光、などなど。

きっと、

苦悩に満ちた音を表現できる絶好のタイミングかなって思います。

 

ベートーヴェンは、モーツァルトと違って音が多く、

和音も厚くて、ダイナミックもはっきりしています。

今は、モーツァルトの音の繊細さより、

ベートーヴェンの壮大さや悲壮感を表現したい。

 

以前に比べれば、

弾いている最中のネガティブ感情は激減しました。

とってもありがたいことです。

 

ヒトは、いろんな経験を重ねて

尖った部分が削られていく。

私は、高校生の頃から削り削られ続けています。

数秘的に言うと、

私は2-5-11なので、

(過去数―誕生数―未来数)

元々感受性の強い数字ばかりです。

まして未来数11はマスターナンバでもあり、

生涯を通して学びが高度です。

 

オリジナリティーにポリシーを持っていて、

自分で開拓したい気持ちが強く、

失敗ばかりしています。

アクティヴなため、

飛び出ることも多くて、

へし折られることも多かった。

相方からも、何度かへし折られたのでした。

 

f:id:tomoko-soprano0511:20171105224617j:plain

 

でもね、

いつかみんな丸くなるんだ

時がそうさせる。

私の母は、大分物忘れが激しくなった。

今までは、それを見ていた父が母をバカにしていたが、

最近は諦めたらしく、

「あまりあれこれ言うな」と私に言う。

 

母は、本当に苦労が多いヒトだ。

そして、人一倍人のために生きている人。

ほんとうは、

もっといろいろ身の回りの世話をした方がよいのかもしれないが、

私は敢えて手を出さないで、二人に任せている。

母のことは、父の仕事だと思っている。

今までずっと苦労を掛けていた母への償いだと。

父がまだ生きているということは、

まだやり残していることがあるからで、

きっとそれは、母への奉仕なのではないかと思っている。

 

「折り合いをつけなさい。

自分にも、他人にも。」

諦めるー許す―手放す

 

きっとね、

これから起こる一つ一つの経験を通して、

ヒトとして角が取れていくんだ。

だから私も成長すればいいんだ。

私たちは、まだ何もしていない。

ヒトとして、まっとうに生きようとし始めたばかりだから。

 

 

今日は、音源を貼り付けます

気分は、「のだめ」かな。

 


ベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章

 

願いは叶う