音と癒しと自分らしさ

<ヒーリングスペース音楽の館・別館>  

自分の中の「あり得ない」(追記あり)

早朝から書いてます

何時も訪問いただき、ありがとうございます。

 

今日は吐き出してみたいことがあって、

ちょっとヘビーになるかもしれません。

 

私の中に

「私が、こんな人に引っかかるはずがない、

こんな思いをするはずがない」

と言う想いがあるのです。

 

間違いなく相方は、世界最強です。

どう最強かと言えば、

ここまで人を変える力を持っているし、

こんなに執着を持たせるし、

人を動かす力も持っているし・・・

  

恋愛って、人を好きになるって、

自分との向き合い=相手との向き合いですよね

 

「こんなに精一杯やってる私が振られるわけがない」

 

「ツインの片割れなんだから、こんな低俗な魂なわけがない」

 

「私がこんなひどい扱われ方をするはずがない」

 

「私が騙されるわけがない」

 

「このひと、こんなにチャラかったの?」

 

・・・と、私の中の「あり得ない」をたくさんやって見せてくれた。

 

人に厳しくて、自分に甘い

自分のやっていることは棚上げで、人のことを責める

嘘つきー見栄っ張りーエリート意識ばかりが高くて実情が伴わない

 

 でもね、

本当はね、

とても気持ちの優しい人だから、

きっと思い込んでしまったのでしょうね、

「ぼくは、優等生じゃなきゃいけないんだ

ぼくは、可愛いものを好きになっちゃいけないんだ

ぼくは、お母さんの言うこと聞かなきゃいけないんだ

ぼくは、自分の意見を言ってはいけないんだ」

子供の頃だから、そうやらないと死活問題だったかもしれません

 

ずっと小さなときから自分の気持ちを封印してきたのでしょう

「本当は・・・したい。

でも、こうしないといけないんだ!」

 

だから、人を許せないのでしょうね。

 

「自分はこんなに我慢をしているのに、

なんでお前だけ好き勝手やって、許せない!」

 

 「あなたは、私の言うことを聴いてくれない悪い人」

 

f:id:tomoko-soprano0511:20170917115421j:image

 

じゃあ、何故そんな人を好きになるの?

これは、私の顕在意識下ではなく、

魂が引っ張られたといしか言いようがありません。

どこが好きとかもないし、

ただただ振り回されっぱなしです、未だに。

 

 でもね…

自分の片割れだから、

きっと私が出来ないことをたくさんやってきたんだね。

それも、過去生でたくさん苦しんだことを全部相殺するために必要なアイテムをあれこれ取り揃えたら、こんなになっちゃったと。

 

まぁ、そういうことなのかなって。

 

自分の「あり得ない」をたくさん体感してます。

 

娘の学校の文化祭を堪能したら、

なんか

「まぁいいか、なんでもありありだね」

って思った。

f:id:tomoko-soprano0511:20170917152712j:image

 

台風、大丈夫かなぁ

 

 今日の一枚(パス・オブ・ザ・ソウルオラクルカード)

f:id:tomoko-soprano0511:20170917153128p:image

役に立たなくなった過去の理想を手放す時です

 

追記です)

ちょっとまた別の話です。

 

自分のやってることに、自分で責任を取ることが出来る人って、なかなかいないものですね。

臭い物に蓋をする人は、本当に沢山いますけど…

 

自分で傷つくのを分かっていながら、自分からアクションを起こしてしまう私は、ホントお人好しだよ(>_<)

 

でも、心がとても悲しくて残念で、何かをしないではいられなかった。

まぁ、一度は私が苦言を呈した人ので、どんな言われ方をされても仕方ありません。

 

でも、私といると必ず不平不満がワンサカ出てくる人だから、遅かれ早かれ私から離れる人でしょう。

 

まぁ、受験絡みの友人なので、

これからどうなることやら…

 

ちょっと淋しいと感じるけどね。