音と癒しと自分らしさ

<ヒーリングスペース音楽の館・別館>  

陰の必要性

早朝です

このところ気温が低いので、エアコンなしで眠れる日がとても嬉しいです。

 

さて、大きな変化が起こり、

昨日は一日中大変でした。

午前中、ヒプノの時にお会いしたセラピストさんのところへ行きました。

この方の特徴は、

「陰の必要性」

を強調されていることです。

 

はっきり言って、心身ともに面食らいました。

身体は拒否反応起こすし、

心も受け入れ拒否してるし、

どうにもならない状態でした。

 

そこでの突破口は、

「本人にはっきり伝える」

ことでした。

 

「貴女のやり方は、私には不愉快で受け入れられないけど、とてもステキな人なので頑張ってください」と。

 

彼女から、とても真摯なお返事をいただきました。

そこに書いてあったのが

「陰の必要性」でした。

 

「人間が持っている負の部分を受け入れられたら、そのあとは物凄く楽になる」と。

 

私は陽体質なので、陰の部分はある意味とても怖いです。

なるべく陰を見ないようにしていました。存在価値を認めていませんでした。

 

でもこの世には陰と陽があって、

これはどちらも必要なのです。

相方と私がそう。

相方が陰で、私が陽です。

相反するものだけど、共存しているのです。要はバランスの問題です。

 

私は相方を陽に変換しようとしていました。

昨日初めて、変換する必要がないことを知りました。

共存出来るのです、そのままで。

交わらないので、灰色やマーブル模様のようにはなりません。全く別です。

 

陰と陽の勢力争い。

ずっと昔から受け入れられずに来たのでしょうね。

陰の勢力が強くなり、陽の私が葬られる。

でも今現在、陽の力が強くなっているので、やっと陽が表に出られるようになって来た。

 

民進党蓮舫さんが、代表を辞任されましたね。

彼女は、もともと陰ではないのですよ。

それを無理して陰になろうとするから歪むのです。

 

陽の存在がどんどん世に出始めます。

でも、陰は無くなりません。

音楽も、長調短調が存在します。

両方必要ですよね?

私自身、これから短調のものをたくさんやって行きたいと思います。

マーラーの復活のように、1つの作品の中での陰と陽。

両方扱える歌い手でありたい。

 

私の歌の方向性が出て来ましたね!

 

今日の一枚(グッドタロットオラクルカード)

風の6  大いなる知恵を得たので考え方を変える

f:id:tomoko-soprano0511:20170728055151p:image