読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音と癒しと自分らしさ

<ヒーリングスペース音楽の館・別館>  

頭を使わず、ひたすら感じる

2本目です。

いつも訪問、ありがとうございます😊

 

昼前に神社へお参りしてきました。

帰宅してから「(相方に)触れたい」と言う気持ちが流れてきました。

 

相変わらず頭が昔の感覚を蘇らせてます。

何故誰かがいると思うのだろうか?

基本的に私たちは、同じ感覚を共有していると思ってます。

私自身、精魂込めて自分と向き合ってるのだから、相方だってそれは同じなんだよ。

なのに、どうしてもそこは落とし込めないんだ。

まだ過去生の浄化が足りないのか?

残念だけど、この部分は頭で考えても答えは出ないさ。

 

触れたいと感じた時、

肌を重ねたいと感じてる。

それが今すぐ出来ること、やりたいことではないと分かってるけど、脳が見せつけて来る。

 

あれこれ考えたくなる。

でもここはちょっと視点を変えて、それ以上は頭を使わないで、ひたすら感じるだけにする。

 

「そう言えば世の中では、

何ヶ月も逢えない人たちだっているんだ。」

 

声も聞いてない、

顔も見てない、

メールだって返信来ないとか。

でも私たちは、すぐそばにいる

声も聞ける、

顔も見れる、

メールの返信はないけど、

ガチンコだって出来る。

いつでも一緒に、

同じような感覚を共有してる。 

 

相方は、いつも私のすぐ隣にいて、

がむしゃらに自身と向き合ってる。

私が止まると、

「何してるの?

ほら、頑張ろうよ!」

って背中を押してくれている。

 

…そんな感覚が降りてきた。

多分もっと神経を研ぎ澄ませば、

何をしてるのかも感じることが出来るのではないかな。

 

何かを感じた時、

それ以上頭を使わずにひたすら感じる。

そこで降りてきた答えは、

頭で考えたものではなく、

ガイドさんや神さまからのメッセージなのではないかな。

 

もし辛いことなら、

空へ返せばいいのだから。

 

f:id:tomoko-soprano0511:20170520002123p:image

今日の一枚(ウィンダムオラクルカード)

Fork in the Road 分岐点

直感に従って進みましょう