読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音と癒しと自分らしさ

<ヒーリングスペース音楽の館・別館>  

新しい音楽

今日は、フランス語のレッスンです。

久しぶりに音楽漬けの日々が過ごせるかなと、なんとなく期待しております。

 

音は、ダイレクトに人の心に響きます。

嬉しいことも、悲しいことも。

最近、私の頭の中にしょっ中流れているのは、ショパンエチュードop25-5。

 

この曲は、

四月は君の嘘」で、有馬公生がコンクールで弾く曲ですが、途中止まってしまって弾き直しています。

弾き直した後の演奏は、とても優しくて暖かい演奏でした。

でもコンクールとしては、全然評価されない演奏です。

審査員の先生が、

「コンクールは、人生探しの場ではない」

と、怒りをあらわにしていましたが、

人それぞれで良いのではないかな。

コンクールは、手段だからね。

 

みんな、名声をかけてコンクールを受ける。私には無縁の世界だったな。

でも切磋琢磨出来る場所は、生涯持っていたい。

生涯を通して人の心を動かす演奏を目指したい。

 

ショパンエチュードは、どの曲もとても難しい。譜読みがなかなか進まない。

今、ショパンのバラードNo.1を弾いていますが、これも大変(>_<)

でも、焦らずゆっくり進めて行きます。

生きてる間に、あと何曲弾けるかな…

 

歌の方は、

これからしばらくフランスの作品を歌って行きます。

エスプリの効いた作品を、サラリと演奏出来たらな…と思っています。

プーランクドビュッシービゼーを歌いたいなぁ〜。

f:id:tomoko-soprano0511:20170210105304j:image

広告を非表示にする