読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音と癒しと自分らしさ

ソウルメイトのことを中心に綴ってます

神さまの采配

インナーチャイルド ツインソウル ハッピーエンド 青山千春さん 青山繫晴さん

一昨日から昨日にかけて、

またまた物凄い量の情報が降りてきました。

スーパームーンの影響でしょうかね・・・

特に昨日。

深夜から日付けが変わるちょっと前まで、一日を通してずっとでした。

 

人の気付きって、

何で影響するか、判らないですね。

これぞ神さまの采配。

 

でも、ひとつ言えるのは、

「自分一人で何とかするのではなく、誰かの力を借りてもいいんだよ」

ってこと。

 

そして、何が大事かといえば、

ちゃんと吐き出して、自分と向き合うことかな。

人と、ちゃんと心を通わせる、心が寄り添うことかな。

これが案外難しいのね。

 

相方と、あることについて話し合っていたんだけれど、

私は、物凄く腑に落ちなかった、納得できなかった。

今までも、同じような気持ちになったことが何回もあり、

自分としては、これ以上どうにも出来ないと思いました。

もうここまでか?と思ったとき、

ふと、ちびNoriくんが顔を出しました。

「ごめんねMocoちゃん。いつもいつも泣かせてしまって。

辛い思いをさせてしまってるよね。

Noriは不器用だから、あんな言い方しか出来なくて。

でも、一生懸命なんだよ。

もしボクが、まだMocoちゃんの中に居てもいいなら、

Noriのこと許してあげてくれると嬉しいな。」

と伝わって来ました。

 

この瞬間、全部流れていきました。

ちびNoriくんとの対話は、本人の顕在意識には直接影響が出ないと思うけど、

私はこれを、続けていこうと思いました。

いつか潜在意識が、顕在意識を刺激することもあるかもしれないから。

そして何より、

私自身が、それで負の感情を手放せる。

これは、とても大きな進歩かなって思いました。

 

話し合ったことも、一歩下がって見直してみると、

詳細はともかくとして、方向性は適格だと思った。

表現の仕方が、私には合わなかったけど、

でも、間違いなくちゃんとレールを引いてくれているなって思った。

 

やっぱり、神さまの采配だよね。

私たちは、神さまに生かされてる存在だからね。

 

今日は、12月に 八重洲ブックセンターで行われる、

青山繫晴さん&青山千春さんご夫妻のトークショーの座席が無事に確保出来、

メチャ嬉しくて幸せなお昼です。

f:id:tomoko-soprano0511:20161117120513j:plain

f:id:tomoko-soprano0511:20161117120530j:plain

 

 

広告を非表示にする